アルバイトの雇用状況。

雇用について民法の第623条で決められていてね。
相手方に対して労務に服することなんかを、当事者の一方が約して・・・。

スポンサードリンク

報酬を支払われることを条件として労務をするってことで効力が生まれる契約とも言えるんじゃないかな。
だいたい、日当とか時給といったような時間給において支払われるのがアルバイトの給与だよね~?
だいたい、アルバイトって聞くと学生が多いものが現状で、24歳以下である若い人たちってことになるんだけど。
でも、実際には高齢者っていうのも多いんだとか(>_<)
アルバイトの比率を表したもを大阪の自治労連というところで調べたものによると・・・。
51%が24歳以下で、うち学生が占める割合が29%でね。
17.2%では50歳以上という結果になってるんだって!
高齢者でアルバイトをする実態の背景には、リストラとか不況というものがあるみたいだね~(*_*;
正社員の人よりは平均すると勤務時間っていうのは少ないのがアルバイトでね。
でも、勤務時間が増える傾向になるのは、年間においての就業日数が増えることでのようだね~。
中には、正社員の人と同じ仕事をするって人もいるわけでね・・・。
とはいえ、アルバイトという社会的な差別を受けるってこともあるのが問題点だよね(--〆)

サイト内関連記事

アルバイトという勤労形態について。
勤労形態の一つにアルバイトっていうのがあるのはみんな知っての通りだよね?? ド......
アルバイトとパートの区別は??
日本語において、非正規雇用の1つであるアルバイト。 もともとはドイツからの外来......
アルバイトの契約とは?
色々な雇用の形態があるけど・・・。 区別は一体どうなってるんだろう? マーメイ......

▲このページのトップへ

バイト系雑学イメージ

携帯版のQRコード

バイト系雑学:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://punnett.net/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。