バイトって、ほとんどの人がしたことあるんじゃないのかなぁ・・・。 簡単にできる仕事だけど、雇用形態とか、法律とか知っておいたほうが良い知識って、 色々あるんだよね。

スポンサードリンク

バイトと雇用形態について。

法律では、雇用の形に関係することなく有休っていうのがもらえるってことになってるものでね。
ある一定の条件を満たしているなら、全ての労働者が当てはまることになってるんだけどね・・・。
だから、法律違反になることもあるのがアルバイトの場合でね。
アルバイトという形態の労働者においても、要件を満たしているってことであれば、雇用者は有休を与える義務があるってこと。
では、有休をもらえることになる一定の要件ってなんだろう??
6ヶ月間、雇われてからの期間を続けて勤務しているってことがまず1つ目でね。
2つ目は、8割以上の割合で労働日を出勤しているってこと。
一般的な労働者なんかと同じような扱いを受けられることもあってね。
というのも、定められてる労働時間が1週間で30時間以上っていうときになるんだとか・・・。
労働基準法の第39条の3項で、条件を満たしていないってことでも、有給休暇を比例付与っていうような形で定めているんだよね~。
でも、現実的にはあまりいないんじゃないかな~?
アルバイトで有休を実際にもらえたことのある人って・・・((+_+))

▲このページのトップへ

バイト系雑学イメージ

携帯版のQRコード

バイト系雑学:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://punnett.net/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。